トップ    スポット・お店 障害者就業  沿線寺社めぐり  健康法と治療法 歴史 
狭山茶の研究   びん沼物語 活動  アート・ものづくり  まちづくり 
食と農、革新      歴史点描   編集長つれづれ+日記 

狭山茶の研究

入間市を中心に埼玉西部で生産される狭山茶。その歴史から先端的取り組みまで、狭山茶をめぐる様々な話題を取り上げます。

  狭山茶の歴史①狭山茶の起源は「河越茶」と「慈光茶」        
日本一のお茶を目指す
       全国茶品評会     
 
埼玉で初めて抹茶製造に挑戦 
       明日香(狭山市) 
  こだわりの手もみ茶と萎凋茶
 「極茶人」比留間嘉章さん(入間市)
注いで緑色のお茶でなければダメ
     県内最大の茶園・県茶業協会長
     長峰宏芳さん(鶴ヶ島市)  
ペットボトル茶市場を牽引する 伊藤園 「おーいお茶」 
 急須の見方
おいしいお茶の淹れ方は、お湯の温度、葉の分量、浸出時間は原理を踏まえ、あとはそれぞれの好みで、ただ注ぎ切ることは肝心
      日本茶のソムリエ 高宇政光・思月園店主 
 国産紅茶の吉野園
狭山茶の新しい味を追求 製茶機械の父・高林謙三を顕彰
     備前屋(日高市) 清水敬一郎さん
 
 「品種茶」唱える心向樹
神様からの贈り物 がんを予防する緑茶 
 狭山茶の歴史②産業化して200年
狭山茶ガイド 
 「極茶人」比留間嘉章さん パリコンクールで受賞