野菜づくり今盛りなり 
 都会人の野菜づくりが花盛りだが、市民農園の所在・形態は郊外型や都市型、日帰り型や宿泊型と様々である。
農園をビジネスととらえる動きも出始めた。そこで従事する人も、本業顔負けと思えるほど熱心さを持つタイプがある半面、自然と親しむことを主眼として野菜づくりは軽く受け流すやり方と、これまた多様である。
趣味と憩いの場を提供することから出発した市民農園は、これからもいろいろな絵模様を写し出していくことだろう。          泉沢勉
なぜ今、野菜づくりなのか
谷津の里ふれあい農園
クラインガルテン 
体験農園「土の学校」
都市型農園の先駆け 練馬区
企業が市民農園あっせん  
  笠間市にオーナー制の新農園
朝霞体験型農園
PDF(300円)をご希望の方はメールhojiro@yahoo.ne.jpから。