沿線のものづくり 目次 
自由に削れる面白さ
               鬼瓦職人 富岡昭さん(小川町) 
石心を読む 石材店「石栄」社長 内田栄信さん(志木市)
 
無から有を創り出す楽しさ 
                 万華鏡 相沢秀男さん(吉見町) 
大井・上福岡伝統のほうき作りを守る
                  永倉一男さん (ふじみ野市)  
五輪ボイコットに孤高の決断 砲丸作りにみる職人芸 
                    辻谷政久氏(富士見市) 
鉄が生み出す変幻自在な作品たち 
            アトリエ線路脇 柴崎智香さん(坂戸市町) 
アトリエを提供し芸術家を支援 
            丸沼芸術の森(朝霞市)主宰 須崎勝茂氏  
  作家活動で得たものをアートスクールで一般に還元  
                           二藤規朗さん
大きい作品を創りたい             入江明日香さん 
作りての手の見えるうつわ
                 武州吉見窯 野口稔さん(吉見町) 
光・色・ガラスが融合し生きるステンドグラスを創る
            イワサキ・アトリエ 岩崎隆さん(新座市) 
山里で版画の公募展 東秩父村「和紙の里」
                       高野勉さん 
立体切り絵作家 百鬼丸 その正体は? 
「生きているもの」の持つ輝きを彫刻に
               彫刻家沢田英男さん(ふじみ野市) 
光と影の美 野田流創作切り絵同友会 
                    野田勝利会長(新座市) 
書道に新風吹き込む 
                    矢部澄翔さん(川越市)   
往時の輝きを再び 慈光寺への理解を訴える
陶芸家 古民家ギャラリー・寧々房 
 澤井かやさん(ときがわ町)  
PDF(300円)をご希望の方はメールhojiro@yahoo.ne.jpから。